一目見た時「なんて機械なんだ!」と感動しました

代表取締役社長 / 小島大輝 氏

20代で小島工業を自ら立ち上げ、日々夢を語る中で一人また一人とその夢に賛同する同志が集まり10年待たずして現在の規模にまで成長。
「いいものを作れば仕事はくる」という思いを胸に良い製品を作り続けた結果、気がつくと数多くのお客様から依頼をいただけるようになっていた。
現在は溶接だけでなく機械加工を含む溶接エンジニア企業としてトータルでの製品製造を手がけている。

立ち上げ2,3年目にあるきっかけでフジ産業さんの長尺加工機を知った時は感動しました

Q、フジ産業を知ったきっかけはなんですか?

A、会社を立ち上げて2年目か3年目、既にフジ産業さんの機械を導入されている会社様にお邪魔することがあって、そこで初めてこの機械を目にしました。
最初見た時は「なんだこれは!?こんなすごい機械があるのか!」とすごく感動しました。一目で欲しくなりました。

Q、この機械のどのあたりに一番魅力を感じましたか?

A、一番は綺麗に仕上がりミスなく加工できることですね。
立ち上げ当初は資金も少なかったので、補助金を使って購入した500万円くらいの簡単な機械を使って、手で罫書いて位置を決めて下穴を開けてといった手動の作業を行なっていました。
しかしそれだとどうしてもミスが出てしまう。そこを改善したいと思いフジ産業さんの機械が必要だと思いました。

Q、他社製品との比較はされましたか?

A、調べて検討もしましたが、値段が全然違いますね。大手メーカーさんの機械の方が全然高いし、そもそもそこまで高性能はいらないと考えていました。
例えば、検討したある大手メーカーさんの長尺加工機は動きのスピードがとても速い。フジ産業さんのよりも全然速いんです。でもうちにはそのスペックは必要なかった。

Q、御社の製品とマッチするのがフジ産業さんの長尺加工機だったと。

A、そうですね。
うちは多品種小ロットなので、スピードよりもミスなく精度が出る、ということが優先度が高いんです。

長尺加工機を入れたことで製品精度が上がり、お客様に喜んでいただけたことが次の受注につながった

Q、導入後どのようなメリットがありましたか?

A、綺麗な加工ができること、ミスが減ることが一番大きなメリットですね。
先ほども申し上げたように、うちは多品種小ロットなので、手作業でも機械作業でも生産量にそこまでの差は出ません。
しかし、綺麗な仕上がりになることで、お客様に喜んでいただけて、それが次の受注につながっていきました。
この機械があるお陰で、新しい案件もいただけるようになり仕事が増えました。

また、フジ産業さんはアフターサービスもよく、困った時に迅速に対応してくれるので助かっています。今のところ困ったことは無いですね。
以前も、自分達の原因で機械に不具合が生じてしまったことがあったのですが、電気屋さんに連絡したら対応に2日かかると言われ困ってしまい、フジ産業さんに電話し相談したところ、3時間で来てくれました。

今はこの機械はフル回転で一台では仕事が追いつかなくなってきたので、二台目を検討しているところです。

本日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

今回インタビューを受けてくださった企業様はこちら

小島工業株式会社

溶接エンジニア企業。
部品加工、溶接、機械加工、組立までトータルでの製品製造を行う。
「良いものを作る」ことを信条とする若き企業。